結婚式のムービーで知っておくべきこと【祝いしようという雰囲気】

結婚式を着物で

花嫁

和装の選び方

ウエディングドレスではなく、結婚式はぜひ和装で行いたい、という女性もいることでしょう。和婚で着る衣装は、白無垢、色打掛、引き振袖といった種類があります。白無垢は主に神前式で着るものです。白とはいえ無地ではなく、実は柄もあります。白無垢に使用される柄は、縁起が良いものです。例えば鶴です。これは和婚の衣装に良く見られるもので、松や亀と組み合わされることが多いです。古くから好まれる柄には、鳳凰があります。また、花の中でも位が高い花である菊も、よく用いられます。色打掛は、和婚ではお色直しでよく用いられますが、中には神前式で着る人もいます。色打掛には様々なカラーがあるので、好きな色から選べるでしょう。また、季節に合った色か、会場のイメージに合っているか、といった点も注意して選ぶといいでしょう。柄は白無垢よりもはっきりしています。そのため、小柄な人は小さめの柄、大柄な人は大きめの柄を選ぶとしっくりきます。引き振袖は打掛を着ず、あまりおはしょりを取らずに裾を引いた振袖です。きらびやかでありながら身軽に動くことができる特徴があります。色打掛と同様に、好きな色、自分達の挙げたい和婚のイメージに合った色などから選ぶといいでしょう。ちなみに、黒地の引き振袖である黒引きは、かつては一般的な花嫁衣装でした。黒が好きな人にもぴったりです。自分に引き振袖を選ぶためには、体型にきちんと合っているかが重要です。小柄な人は淡い色で小さ目の柄、大柄な人は濃い色で大きめの柄がいいです。また、痩せ気味の人はやわらかな色合いを選ぶと柔らかな印象になります。ふっくらした人は濃い色を選ぶと、引き締まった印象になるでしょう。