結婚式のムービーで知っておくべきこと【祝いしようという雰囲気】

新郎の衣装にも注目したい

タキシード

新郎の洋装選びのコツ

結婚式では、ウェディングドレス姿の美しい新婦にばかり目を奪われがちですが、もちろん新郎も主役ですので、タキシード選びも大変重要です。新郎も、りりしい洋装姿でかっこよくきめましょう。タキシードを選ぶ際に、最も重要なのがサイズです。サイズが大きすぎると無理して着ている感じがして、みっともない印象になります。試着した際は、上着の肩幅や袖丈、ズボン丈が合っているかどうかを確認し、結婚式当日までに直してもらう必要があります。もしも、身長や体型でコンプレックスを感じている方は、遠慮なく衣装担当者に相談しましょう。また、新婦のウェディングドレスとのバランスを考えて選ぶことも大切です。結婚式で2人の衣装がちぐはぐになってしまわないように、まずは新婦が衣装を決めて、その後で、ドレスの雰囲気や色合いに合うタキシードを選ぶようにするとよいでしょう。新婦の衣装とのバランスを見るためにも、結婚式当日ではなく、前もって2人で衣装を着て並んでみて、不釣り合いではないか確認することをおすすめします。新婦がお色直しで、カラードレスに着替える場合は、新郎もお召し替えをするのが一般的です。その場合は、最初に着たタキシードとは、色合いやデザインがなるべく異なるものを選び、ゲストの印象に残るようにしましょう。例えば、ウェディングドレスの時は、明るめのシルバーのタキシードを着て、カラードレスの時は、ブラックのスタイリッシュなデザインのタキシードにするなど、全く異なる装いにすると、メリハリがあって素敵です。お召し替えをしない場合でも、中に着ているベストやネクタイの色を変えるだけで違った印象になります。