結婚式のムービーで知っておくべきこと【祝いしようという雰囲気】

新郎の着る衣装

花婿

現代の選び方とは

結婚式の新郎が着る衣装といえば、タキシードをイメージする人が多いでしょう。確かにタキシードも間違ってはいないのですが、実はタキシードは夜間に行うパーティーの正装とされています。昼間の結婚式の場合はモーニングコート、フロックコートと呼ばれる衣装が正装であり、夕方から夜間の場合はタキシード及びテールコートが正装とされています。ですがこうした男性の衣装を総称してタキシードと呼ぶことも多く、厳密な違いを指摘する人は多くありません。そのため、結婚式の際はスタッフの勧めに応じて、好みのものや体型に合うものを選べばほとんど問題ありません。結婚式というとどうしても新婦がメインとなり、新郎の衣装などは後回しになりがちです。ですが新郎の衣装次第で新婦の衣装が鮮やかに映えたり、逆にチグハグな印象になったりすることもあるので、似合うものを選ぶ必要があります。基本的には好みで選べばいいのですが、体型や身長、体型のコンプレックスなどにより似合う形というのは変わってきます。ネットなどで探せばどういう形が似合うかある程度把握できるので、まずはそうしたサイトを見て自分の体型に合いそうなものをチェックしてみるとよいでしょう。その上で試着を行って確かめるとよいでしょう。最近ではカラーやデザインも豊富になっているので、ユニークな一着も増えてきています。新婦など第三者と一緒に選ぶとより適切なものが選びやすくなるので客観的に判断する人と選ぶとよいでしょう。