結婚式のムービーで知っておくべきこと【祝いしようという雰囲気】

費用について考える

パーティー

会費制がおすすめ

結婚式の二次会は、たいてい新郎新婦共通の友人が幹事をまかされるものです。まかされた場合には、いろいろと段取りを組むことになります。新郎新婦はもちろん、出席する新郎新婦の友人などみんなが楽しめるような会にしなくてはなりません。そのためには費用もかかることがあります。一人で引き受けるのが大変な場合には、数名で行うということも可能です。よく話し合ってステキな二次会になるようにしましょう。まず、幹事を引き受けたら、二次会を行う場所や内容、費用などを決めることになります。新郎新婦にも多少は相談をすることが大事です。例えば、費用に関しては周りにきちんと相談をしましょう。一人で勝手に決めるわけにはいきません。それに、結婚式よりも盛大なものになってしまっては困ります。規模も費用も多少は抑えましょう。それから、幹事はボランティア要素があるので、ある程度の時間がないと引き受けることはできません。その点は覚悟しておきましょう。通常、無料で奉仕することになります。そのため、多少は幹事の要望も取り入れてみるのもいいかもしれません。以前、食事をしたお店がとても良かったというのなら、そのお店を二次会の場所として提案するのもおすすめです。また、費用に関しては会費制にすることをおすすめします。そうすれば、幹事のみならず、出席するみんなで出し合うことになるので、一人だけに負担がかかることはありません。友人だけが集まる二次会なら、みんな均一の会費にできるので効率的です。